歴史ミステリー
日本の城見聞録

毎週木曜日よる10:00〜10:54放送
【番組概要】
建てられた場所、構造、形、色・・・
城には武将たちの狙いが秘められ生き抜いた証が刻まれています。

戦国乱世の武功はもちろん天下人たちが治める時代にも武将たちは処世術によってわが身と家名を守るため懸命に闘っていました。

全国の城を旅しながら人間ドラマと歴史ミステリーを識者たちの解説を交えて解き明かしていきます。
城案内人:篠井英介 大谷亮介

放送内容
2017年8月24日(木)放送
天守炎上 空襲の城 奇跡の城 姫路城はなぜ残った!?


創建当時の姿を今に残す、現存12天守。
しかし、昭和20年までは、国内に18の現存天守があったのです。
6つの貴重な天守は、アメリカ軍の空襲を受けて焼失しました。
名古屋城、大垣城、和歌山城、岡山城、福山城、そして広島城。

そんな不幸な歴史の中で、奇跡もありました。
残された1枚の写真。
焦土と化した街並のむこうに天守が見えます・・
姫路城の天守です。姫路城天守は、天守にB29が落とした焼夷弾の直撃を受けながら不発。決死の覚悟の職員たちが、爆弾を城外に運び出したことで炎上を免れたのです。
いま、白い輝きで私たちを魅了する姫路城の奇跡の物語。

地元の誇りであり心の拠り所である城。
天守と地元の人たちとの深い絆の物語を追いました。

▲BS朝日TOPへ
(C)株式会社ビーエス朝日