五木寛之の百寺巡礼

毎週木曜 よる9時放送

番組概要
作家・五木寛之が、全国各地の寺院を巡りながら、日本人の原風景・原点とは何かを見つめ直した名番組が、10年の時を経て復活。そこには、“現代の日本人が忘れかけているもの"との出会いがあります。

紫式部ゆかりの石山寺(滋賀県)では、紅葉の見事さに「この先、あと何度見られるか…」と嘆息し、大原の里にたたずむ三千院(京都府)では、今しも立ち上がろうとするかのような勢至菩薩・観音菩薩坐像と対面します。京都五山に数えられる名高い寺・東福寺(京都府)では、紅葉の渓谷に架かる通天橋を仰ぎ、京都五山に数えられる名高い寺・東福寺(京都府)では、紅葉の渓谷に架かる通天橋を仰ぎ、世界遺産にも登録され、最澄を開祖とする日本天台宗の本山・比叡山延暦寺(滋賀県)では、千日回峰行(かいほうぎょう)者の道を駆け抜けます。
一年で最も美しいとされる秋の都で、高精度のカメラが捉えた寺の建築美、仏像の微笑、色づく木々の鮮やかさ…。作家・五木寛之が、長い歴史の中で人々が慈しんできた古刹の背景にある「何か」を、深い見識と優しい語り口で探し当てていきます。
【放送予定】
2017年8月24日(木)夜9:00〜9:54
五木寛之の百寺巡礼 「一畑寺(島根県)、大乗寺(石川県)」
「目の薬師様」と呼ばれ、目を患う人々の信仰を集めてきた「一畑寺」と、大本山永平寺を建立した道元の直弟子が開山し、曹洞宗第二の本山ともいわれる「大乗寺」を訪ねる。


▲BS朝日TOPへ
(C)株式会社ビーエス朝日